透明中年

年賀状が届いた 古い友人から

子供のことばかりで 自分の話はない

世の中に年下の人が増えてく

それが生きてるということ

素晴らしいことと 分かっているけれど

今度はお前のことを 聞かせてよ

透明中年我々は 人混みに飲まれ消えてゆく

どんな色をしてたのか

もう誰も分からない

ーーー

アルコールで眠り カフェインで目覚めます

子供の頃ならば そんなのは必要なかった

色んな事柄に 鈍感になってく

強くなったとも言えるけれど

嬉しいことにも 悲しいことにも

関心がなくなりつつ あります

透明中年我々は 人波に揉まれ消えてゆく

どんな色をしてたのか

もう誰も分からない

ーーーーーーー

栄光を追いかけて

走り回ったけど

何にも残りはしなかったよ

人相はそんなに

変わってないけれど

次に顔見ても

分からない気がする

栄光を追いかけて

走ってきたけれど

真っ黒くなってしまったよ

皆同じかも

今度顔見ても

分からない気がするそれでも

透明中年我々は 人混みに飲まれ消えてゆく

どんな色に染まっても

あの日の夕陽のまま