行き場を無くした魂と

行き場を無くした魂と

今夜は踊る、一二三

独りで行かせてごめんなさい

僕もじきにそこに行くよ

どれくらいの嘘たちを

乗り越えたなら

僕らは同じ舟に乗って

同じ方を向けたのだろう

今更言ったとこで

遅過ぎるだけさ

大事なものは

無くしてから

初めて気付くもの

行き場を無くした魂と

今夜は踊る、一二三

独りで行かせてごめんなさい

僕もじきにそこに行くよ

どれだけの過ちを

許し合えたなら

視線の先に違う顔を

探す事やめるのだろう

あなたの言うことは

正しかったのに

子供過ぎて聞けなかった

今なら分かるよ

旅路の果ての魂達と

今夜は踊る一ニ三

独りで行かせてごめんなさい

僕もすぐにそこにゆくよ

生きてないわけじゃない

死んでいないだけさ

そんな毎日なら

僕もおんなじだから

生者の魂も

亡者の魂も

くびきは無い

踊ろう月の下で